ITのサービスについて

ITのサービスとは、情報伝達技術を用いて世の中を便利にすることでしょう。
今までは、通信販売は雑誌やテレビを見て電話して注文という流れでしたが、現在ではインターネットで24時間、簡単に注文ができます。
以前はオークションと言うと上流階級が行っているもので、一般人には縁の無いような感じでした、インターネットオークションが出て来て、誰でも出品や落札ができるようになりました。

行政では確定申告もインターネットでできるようになっています。仕事で何かを調べるにしても、世界中の情報を得るにしてもインターネットが欠かせなくなっています。
不動産を探す時も、不動産屋まで行かなくてもインターネットから物件をある程度絞り込むこともできます。
ITのサービスは日々進歩しているのです。
IT無しでは生活が成り立たなくなっています。それだけ人々の生活にITが浸透しています。ですから使い方を間違ってはいけません。

匿名だからと言って、他人を誹謗中傷したりする人がいます。
韓国では芸能人が自殺する騒ぎまで起きました。ITのサービス向上で生活が便利になりましたが、ネットマナーの教育は遅れているような感じがします。
今後もさまざまな分野でITのサービスが活用されていくようになっていくでしょう。

サービスを提供する側も正しい使い方をしてもらえるような努力が必要となってきます。間違った使い方ができないような工夫をしてみたり、間違った使い方をした人に対して注意、または警告をしたりと人々が安心してITのサービスを享受できるようにしていかなくてはなりません。
サービスは提供したら終わりではなく、サービスを必要としている人が心地良く利用できなければ意味が無いのです。サービスを提供する側は、そのことを理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>